ゼアキサンチンって?

ゼアキサンチンって?

最近注目される目に効果的だと言われるゼアキサンチン。

 

アントシアニンやルテインと比べるとあまり聞きなれない名前だと思いますが効果と働きはどんなものでしょうか。
これはルテインと似た働きをするのですが、その違いが気になります。
同じ目の中になぜ同じような物質が存在するのかも、不思議ですね。

 

ここでは注目の成分「ゼアキサンチン」の働きや、ルテインとの違いなどについて解説します。

 

ゼアキサンチンとは?

 

ゼアキサンチンはルテインの異性体で、分子が同じで構造がちがうものが異性体と呼ばれます。
ルテインとおなじく、キサントフィル類のカロテノイドという天然色素です。

 

ゼアキサンチン

ルテインとともに黄斑部に存在し、ルテインは周辺部に、ゼアキサンチンは中心部に在ります。

ともに黄色系の色素であることから、この部分が黄色く見えるのが名前の由来だといわれています。

 

ゼアキサンチンは、ルテインの一部が変化したものだということがわかっています。
ルテインがゼアキサンチンに変化するという特徴から、ルテインのみを摂取すればいいのではという考えも浮かびます。
ですが、その明確な研究結果はまだ出ていないようです。
ルテインと同じような働きをしますが、ルテインよりもさらに抗酸化力が強いのが特徴です。

 

ゼアキサンチンは、体内でルテインが変化するといわれていますが、これはルテインの存在する周辺部よりも、ゼアキサンチンの存在する中心部のほうが多くの光を集める場所です。
そのためルテインが、より抗酸化作用の強い物質に必然的に変化したのではないかという仮説も成り立ちそうです。
ルテイン同様に脂溶性で、食品ではパプリカやとうもろこしに含まれています。

 

ゼアキサンチンの効果と働き

眼の構造

ゼアンキサンチンが存在する黄斑部は、屈折した光を映像にするために働いている場所です。
光が集中して集まってくるため、酸化の影響を受けやすい場所でもあります。
そして周辺部よりも中心部により光が集まるため、酸化のリスクが高い場所でもあります。

 

そのため、より抗酸化力を発揮するもので、保護する必要があります。
その保護する役割をしているのが、ゼアキサンチンです。

 

活性酸素の増加は、失明の危険もある加齢黄斑変性症の原因にもなります。
活性酸素を発生させる要因となるものに、紫外線やブルーライトがあります。
ゼアキサンチンがルテインとともに働くことで、紫外線やブルーライトのような有害な光を吸収し、酸化の影響を軽減します。
その働きによって、加齢黄斑変性症の原因も軽減するのです。

 

もちろん目の老化も防ぎ、老眼の防止にも効果的です。

 

同じ黄色系の色素であり性質も働きも似ている2つの物質が、ほぼ同じ場所に一緒に在るのにはどんな意味があるのでしょうか。
その答えはまだ研究途中であり、明確な答えは出ていないようです。
とはいえどちらも有害な光から目を守り、酸化の加速を食い止めるために役立っていることは確かなようです。

 

ルテインとゼアキサンチンの違いとは?

 

ルテインとゼアキサンチンの違いは先にも触れたように、ルテインは黄斑部の周辺、ゼアキサンチンは黄斑部の中心に存在するのが大きな違いです。
両者は構造異性体という関係で分子式は同じですが、構造が異なります。

 

ルテインもゼアンキサンチンも、C40H56O2という同じ分子式でありながら、構造の違いにより違う性質を示すのです。
違うとはいえ違いは微少で、よく似通った性質と役割があります。

 

前項で触れたように、ゼアンキサンチンは体内でルテインから作られます。
つまりルテインから作られたのがゼアキサンチンで、ゼアンキサンチンの元になっているのがルテインという関係です。
ルテインはキラル中心が3つ、ゼアキサンチンは2つというのも大きな特徴の違いです。
両者ともに、抗酸化力と有害な光の吸収力に優れていると考えられていますが、ゼアンキサンチンのほうが強力だといわれています。
ルテインとゼアキサンチンの違いについては、まだはっきりわかっていないことも多く、今後の研究結果が待たれています。

 

ゼアキサンチンとルテインの黄金バランスとは?

黄金バランス

ルテインがゼアキサンチンに変化するのであれば、ルテインだけを摂っていればゼアキサンチンの補給にもなるのかと思いますね。
ですが実際には両方を摂取したほうが、病気になる確率が大幅に減ったという研究結果が、アメリカで行われた実験で出たそうです。

 

この根拠の詳細が分かっていませんが、その事実が多くを語っています。

 

そして一番成果が出た割合が、ルテイン5、ゼアキサンチン1の5:1だったのです。
食品にもゼアキサンチンやルテインが含まれたものはありますが、その摂取量を5:1にするのは相当困難です。
含有量をきっちり計算したとしても、調理法などによって吸収率は変わってきます。
ルテインとゼアンキサンチンが配合されたサプリメントでは、この黄金比率を意識して配合されているものが多いです。
疲れ目の軽減や眼病の予防を期待するなら、まずこの比率に注目してから選ぶといいでしょう。

 

ゼアキサンチンが含まれる食べ物

パプリカ

ゼアキサンチンの含有量が多い食品で、代表的なのはパプリカです。
とうもろこしや、ほうれん草にも含まれています。
パパイヤやマンゴーといった、南国の黄色っぽい果物からも摂ることができます。

 

ほうれん草にはルテインも豊富なので、両方が一緒に摂れるというメリットがあります。

 

またゼアキサンチンもルテイン同様に脂溶性なので、炒めて食べるのがおすすめです。
ただしゼアキサンチンの含有量でいうと、優秀なのはやっぱりパプリカにはかないません。

 

野菜や果物のほかに、鶏卵もあります。
鶏卵にはルテインも含まれているので、相乗効果が期待できます。
鶏卵の含有量については、餌などにより開きがあるようですが、ほうれん草の約3倍といわれる吸収率が優秀です。

 

ルテインの含有量が多い野菜でも、ゼアキサンチンも多いとは限りません。
ルテインが緑黄色野菜に多いことから、緑や黄色の野菜に多いイメージを持つ人も多いのではと思います。
しかしゼアキサンチンの量が断トツに多いのは、赤いパプリカです。
黄色いトウモロコシにも豊富ではありますが、赤いパプリカに比べると、3分の1以下になります。
緑のほうれん草は、パプリカと比較すると5分の1くらいです。

 

「ゼアキサンチンを食品で摂取するなら=赤いパプリカ!」と覚えておけば良さそうです。

 

1日にどのくらい摂取すればいい?

 

ゼアンキサンチンは、1日に6ミリグラムが必要といわれています。
そしてゼアキサンチンはルテインと一緒に摂取することで、眼病の予防効果が高まるという見解が有力です。

 

これは実際の研究で実績があり、加齢黄斑変性症にかかる確率を43パーセントも下げたそうです。

 

現実的に1日の必要量が摂れる食品は、パプリカくらいしかありません。
毎日パプリカを食べれば大丈夫ですが、ゼアキサンチンも摂らなければなりません。
ルテインが豊富なほうれん草の、ゼアキサンチンの含有量はわずかに0.02ミリグラムです。
ほうれん草とパプリカを毎日たくさん食べれば、かなりの量がカバーできます。
ほうれん草とパプリカにコーンを混ぜた炒め物を作れば、かなり優秀なカロテノイドレシピになります。
といっても、毎日パプリカとほうれん草の料理ばかり、というわけにもいかないでしょう。
(ほうれん草の料理はまだいいですが・・パプリカの料理のレシピって・・なかなかありませんよね・・)

 

それに加えて黄金比を意識すると、相当大変ですね。
マンゴーやパパイヤも毎日食べる人は、あまり多くなさそうです。

 

しっかり摂取するにはサプリメントが一番

 

老眼サプリメント

やはり目の為にしっかりルテインとゼアキサンチンを摂取していこうと思ったら、サプリメントが一番だと思います。

当サイトでもいろいろなおすすめサプリメントを紹介していますが、ルテインとゼアキサンチン、そしてアントシアニンをしっかり配合したサプリメントも多くあります。
ルテイン・ゼアキサンチンと合わせてアントシアニンも絶対に目を守るためには必要な成分ですので、この3つがしっかり配合されているサプリメントはとてもおすすめです。

 

 

以上、ゼアキサンチンについて紹介しましたが、ゼアキサンチンについては、まだまだ謎な部分が多いようです。
とはいえ実際の実験で大きな成果を上げていることから、今後の眼病の予防や治療への活躍が多いに期待されています。
老眼の予防・回復とともに、これからどんどんと深刻な悩みになっていく目の病気についてもしっかりケアしていきたいものです。

 

 

その他も老眼改善の有効成分はこちら→老眼改善・回復の有効成分|この成分配合のサプリがおすすめ