老眼に効く目薬ってどんなものを選べばいいの?

老眼に効く目薬

 

老眼対策方法の一つとして、目薬を活用するという方法もあります。

 

でもいろいろある目薬の中で「老眼に効く目薬」としてはどんなものを選べばいいのでしょうか?

 

目薬に含まれる成分にはいくつかの種類がありますが、薬品として含まれる薬効成分や眼に栄養を直接与えるものなどがあり、その他ではドライアイの解消、爽快感や目覚ましを目的としたものもあります。

 

老眼改善のためには前者の成分が必要ですから、その中でも特に新陳代謝の活性化やピント調節機能の働きに効く成分が含まれる目薬を選ぶのがいいでしょう。

 

 

老眼に有効な目薬の成分と症状の原因

老眼の仕組み

老眼の主な症状は近くのものが見えづらくなるというものです。
その原因はピントを調整機能を担っている毛様体筋と水晶体が劣化していくことにあります。

 

目というのは生活していく中で常に使われているものですが、だんだんと疲労が溜まっていきます。
若い内は代謝がよいため、十分な睡眠と十分な栄養を取れば快復が間に合うため大きな症状は現れません。

 

しかし、パソコン作業が続いて目への負担が増えたり、加齢によって目の代謝能力が下がったりすると、快復が間に合わなくなってしまいます。
そこで、毛様体筋や水晶体の凝りをほぐすような成分である「ビタミンB12(シアノコバラミン)」などは直接原因に作用する効果的な成分です。

 

また、眼組織を活性化し目の疲れや眼病回復促進して快復能力を高める「タウリン」や、角膜の組成成分であり、角膜の透明性維持や角膜損傷の修復作用がある「コンドロイチン硫酸」などの成分も老眼による目の症状には効果的であるとされています。

 

「ネオスチグミンメチル硫酸塩」は低下したピント調節筋(毛様体筋)の働きを改善します。

 

 

目薬

また通常の目薬にはドライアイを防ぎ、目を乾燥から守るという目的を持っているものが多くあります。

ですので、これらの目薬にはそのために有効な成分なヒアルロン酸などが含まれているものが多くあります。

 

それと同時に眠気覚ましや清涼感を与えるものも多くありますが、こちらは直接老眼の症状改善につながるとは考えにくいでしょう。
しかし、実は老眼と同時にドライアイも多く発症しやすいとされています。

 

年齢を重ねるにつれて「涙が出なくなった」「目の潤いがなくなってきた」と感じたことはないですか?

 

年齢を重ねると身体の潤いだけでなく涙を分泌している涙腺の働きも弱くなってしまいます。
すると、目が乾燥しやすくなりかすみ目などの症状が発生します。

 

涙腺と毛様体筋が同時に加齢し始めるので、かすみ目と老眼が近くの物がよく見えづらくなり、老眼が一気に悪化したように感じてしまうのです。
そのため、ドライアイに対して有効な成分である「ヒアルロン酸」や、涙の構成成分である「塩化カリウム」「塩化ナトリウム」が含まれている目薬を利用することも、老眼用の目薬として役割を果たします。
前出の「ネオスチグミンメチル硫酸塩」もかすみ目に対して効果があるとされる成分です。

 

 

ただ、目の潤いを保つための成分は基本的にはどの目薬にも入っていますので、特に老眼の対策としては、「ビタミンB12(シアノコバラミン)」、「タウリン」、「コンドロイチン硫酸」、「ネオスチグミンメチル硫酸塩」などが入った目薬を選ぶということを覚えておくといいでしょう。

 

これに併せて酷使してきた目の疲労回復を促す成分「パンテノール」などもおすすめな有効です。

 

老眼に効くおすすめの目薬の成分

 

有効成分名 効果
ビタミンB12(シアノコバラミン) 毛様体筋や水晶体の凝りをほぐす
タウリン 眼組織を活性化し目の疲れや眼病回復促進して快復能力を高める
コンドロイチン硫酸 角膜の組成成分であり、角膜の透明性維持や角膜損傷の修復作用がある;
ネオスチグミンメチル硫酸塩 低下したピント調節筋(毛様体筋)の働きを改善
ヒアルロン酸 ドライアイなどの目の乾燥を防ぐ潤い成分;
塩化カリウム 涙の構成成分(うるおい成分)
塩化ナトリウム 涙の構成成分(うるおい成分)
パンテノール 目の疲労回復

 

 

ドライアイには涙をつなぎ止める働きをする「ムチン」という成分がかなり有効なのですが、これは市販薬としては配合することは許可されていません。眼科で処方される処方薬になります。
ですがビタミンAを点眼することで目の中のムチンの生成を促進することができます。

 

市販の老眼に効くおすすめの目薬

それでは一般的なドラッグストアなどで販売されている老眼に効く目薬を紹介していきます。

 

ロートVアクティブ

ロートVアクティブ

ロート製薬の目薬は市販されている目薬の中でかなりメジャーな製品に分類されるのではないでしょうか。

人気なロート製薬の目薬であるロートVシリーズの中でも、老眼を始めとした加齢に伴う目の機能低下の改善を目的として作られた製品が「ロートVアクティブ」です。

 

視力に大きく関係している角膜も、年月が経つと肌と同様に古くなってしまうため、常に新陳代謝が行われて新しい角膜へと作り変わっていきます。
この新陳代謝機能が低下してしまうと、再生が遅れてしまい、少しずつ角膜自体が劣化していきます。
その結果として、ピント調節がスムーズに行われなくなるという老眼の症状が発生します。
そのため、角膜の活性化を促進させることで、老眼の症状の緩和が期待できます。

 

ロートVアクティブには、タウリンコンドロイチンパンテノールなどと言った代謝を促進する成分が配合されています。
さらにネオスチグミンメチル硫酸塩という薬効成分がかすみ目の改善にも効果的とされており、ロートVアクティブにはこのネオスチグミンメチル硫酸塩が最大濃度で含まれています
老眼と併せて起きやすい目のかすみにも効果的です。

 

販売元:ロート製薬
商品URL:ロートVアクティブ
参考価格:1,300円前後
(第3類医薬品・13ml)

 

 

サンテドウプラスeアルファ

サンテドウプラスEアルファ

ロート製薬と並んで有名な目薬と言えば、CMでもよく見かける参天製薬の製品があります。

 

サンテドウプラスEアルファには、老眼の直接の原因となる毛様体筋の疲れや凝りを改善するために必要な物質、ビタミンB12が配合されていることが特徴です。
老眼の主症状が起こる原因として毛様体筋の異常があります。毛様体筋がよく動くようになると、ピントを調節している水晶体をスムーズに制御できるようになるため、老眼の症状改善に役立ってくれます。
また、ロートVアクティブ同様に、目の血行を促進する天然型ビタミンEなど5種類の有効成分が入っているので、眼精疲労を緩和したり眼病の予防にも効果的です。
多少の爽快感があるので、目のスッキリ感を求める方はこちらもおすすめです。ネオスチグミンメチル硫酸塩も配合しています。

 

販売元:参天製薬
商品URL:サンテドウプラスeアルファ
参考価格:600円前後
(第3類医薬品・12ml)

 

サンテメディカル12

サンテメディカル12

同じく参天製薬のサンテメディカル12はピント調整機能の回復に特に特化した目薬です。毛様体筋の疲れや凝りを改善するビタミンB12の配合比率はサンテドウプラスeアルファよりも高く、ネオスチグミンメチル硫酸塩、コンドロイチン、タウリン、パンテノールなど12の有効成分を含んだ目薬ですで、販売元の参天製薬も「つらい眼疲労に対応した参天史上最高峰のOTC目薬です」と言っている商品です。

目薬の液体そのものが赤く、「ビタミンB12」がしっかり入っているというのを実感できるでしょう。
第2類医薬品に分類されています。

 

販売元:参天製薬
商品URL:サンテメディカル12
参考価格:1,400円前後
(第2類医薬品・12ml)

 

 

スマイル40プレミアム

スマイル40プレミアム

もう一つ有名な目薬ブランドとしてはスマイル40シリーズがあります。こちらはライオンが販売元です。

スマイル40シリーズの中で、ピント調整機能の回復と、年齢による目の渇きに特に焦点を当てた商品がこの「スマイル40プレミアム」です。
ピント調整機能の回復としてはコンドロイチン、タウリン、ネオスチグミンメチル硫酸塩などが配合されています。
また目の渇きに対してはビタミンAを最大値に近く配合し、目の中で涙をつなぎとめる働きをする「ムチン」の生成を促進します。
ただしビタミンB12は配合されていません。第2類医薬品に分類されます。

 

販売元:ライオン
商品URL:スマイル40プレミアム
参考価格:1,400円前後
(第2類医薬品・15ml)

 

以上の4つが特におすすめする老眼対策用の目薬です。(おすすめランキングとして1つ選ぶなら「ロートVアクティブ」です。)
一般的なかわき目対策の目薬は500円前後の価格設定が多いですから、それに比べるとかなり老眼対策の目薬は高額で1200円〜1400円くらいの価格帯が主流です。
高ければ効く!というわけではありませんが、単純にうるおい成分として塩化カリウムや塩化ナトリウムが入っているだけの目薬とはやはり違います。
上記以外にも老眼に効くという目薬はあると思いますが、購入する際は是非その配合成分や配合の割合を見てから選んでください。

目薬はあくまでも予防です

目薬は予防です

目薬には様々な種類がありますが、その中には老眼の方のためにつくられた製品や、老眼の方にも効果的な目薬がこのようにいくつか存在します。

目薬というのは医薬品に指定されているだけあり、直接点眼することになるので効果も出やすいですが、長時間の効果持続は期待されておらず、一日に何度も使う必要があります。

 

疲れたときに使うという場合は問題ないですが、老眼のための予防対策として一日に何度も点眼するのは結構大変です。

 

結構手間がかかってしまっって、つい忘れてしまうことも・・。
ですが、疲れた目をそのままにしてしまうと確実に老眼は進行します。
パソコンやスマホを見る機会が多い現代社会では特に進行は早くなっています。

 

ですので老眼予防のためには、効果のある成分のしっかり入った目薬を選んで、使用することを是非習慣付けてください。

 

老眼サプリメントもぜひ

ただ、目薬は症状の緩和のために存在するためのものであり、眼精疲労の改善は勿論、あくまでも老眼の予防として使うものです。

 

改善を目指すなら体の中からかえる老眼のためのサプリも是非検討してみてください。
老眼サプリメントへ

 

 

関連ページ

老眼予防の食べ物
老眼の予防、改善にいい食べ物ってどんなもの?ブルーベーリーのアントシアニンや緑黄色野菜のルテイン、コラーゲンやビタミンなど目に良い食品はこんなもの。
老眼予防トレーニング
老眼予防のトレーニングはしっかり行えば確実に老眼の予防改善につながります。効果的な眼球遠近トレーニングの方法を紹介します。日常生活で簡単にできる老眼ストレッチはこれ。
老眼に効くマッサージ法・効果的なツボ
老眼回復改善に効果的なマッサージ、ツボなど。いつでも簡単に自分でできるセルフケア。目、頭、手のツボで眼精疲労を回復。目のマッサージ法と詳しいツボの場所もイラストで解説しています。