老眼っていつから始まるの?

目の構造

老眼になると物を見るときに上手くピントが合わせられなくなり、非常に不便です。

そんな厄介な老眼にならないためにできるだけ早く予防をしておきたいものです。
老眼の予防はいつ頃から効果的なのでしょうか。

 

 

 

老眼というと高齢になってから発症するイメージがありますが、一般的には40代頃から症状は起こり始めると言われています。
ただし、生活習慣によって個人差はあります。

 

老眼というのは眼球内の水晶体を動かしている毛様体筋が硬くなってしまい、上手く水晶体が動かせなくなることによって起こります。
体力や筋力の衰えはその人の生活習慣によって大きく異なりますが、40代頃から身体のあらゆる筋肉が硬くなっていきますので老眼を発症する人が多くなってしまいます

 

睡眠

一方で、眼を使えば使うほど水晶体は老化していきます。

最近の若い世代の人は幼い頃からスマートフォンやパソコンに囲まれて生活しているため、眼球への負担も大きく、20代や30代でも老眼になる可能性が高いと考えられているため注意が必要です。
老眼の予防としては、眼をしっかり休ませることが挙げられます。

 

眼は毎日使う大切な身体の一部ですが、睡眠時しか休ませることができません。
現代の眼球への負担は大きくなってきていることに加えて、睡眠時間も減少傾向にありますから、十分な快復が行われているとは言い難いです。

 

(今の若者たちが大人になる頃にはもっともっと老眼の始まりが早くなっている可能性はありますよね・・・)

 

老眼予防対策をしっかりやっておきましょう

 

そこで老眼の予防や対策が必要になります。

 

ブルーベリー

1.老眼に良いとされる食べ物を摂る

 

老眼に良いとされる成分はブルーベリーなどの、目に良いと言われている食べ物に多く含まれています。
これらの作用は様々で、例えば眼精疲労の改善であるとか、眼の機能自体を高めるものなど様々です。
詳しくは食事のページをご参照ください。→老眼予防の食べ物

 

2.マッサージやトレーニングをする

 

身体の筋肉痛や疲れを取るためにはマッサージをして筋肉をほぐすということがよく行われています。眼も身体の一部ですから、当然疲労時にはマッサージが有効になります。特に、ピント調節を行っている毛様体筋も筋肉の一つですから、マッサージをして血液の循環をよくすることがまずできる対策です。ただし、マッサージの仕方を間違えると眼球を痛めてしまったり、逆に筋肉を弱めてしまうこともあるので注意が必要です。
詳しくは遠近トレーニングのページをご参照ください。→老眼予防トレーニング

 

 

3,目薬を定期的に差す

 

目薬にもいろいろなタイプのものがありますが老眼予防に対応した目薬は目の毛様体筋や水晶体の凝りをほぐすような成分、眼組織を活性化し目の疲れや眼病回復促進して快復能力を高める成分、角膜の組成成分であり、角膜の透明性維持や角膜損傷の修復作用がある成分などが配合されています。
これらの有効成分が入った目薬は即効性がありとても効果的です。定期的に差すように習慣つけるといいでしょう。
詳しくは老眼に効く目薬のページをご覧ください→老眼に効く目薬

 

4.生活習慣を改善して眼を休ませる

 

老眼の原因は眼の疲労によるところが大きいです。これを予防するためには眼を使わないこと(=休ませること)が一番になります。
しかし、現代はスマートフォンやパソコンの画面を見ている時間が長い情報化社会ですから、目を十分に休ませることができない生活習慣を続けてしまっている方が多くいます。

 

用の無いときは極力画面を見るのを控え、デスクワークの多い方はこまめに休憩を取るなどの対策をオススメします。

 

老眼予防|老眼の進行を遅らせる対策のいろいろ記事一覧

老眼は、加齢や目の使いすぎによって発症します。老眼にならないためには適度に眼を休めなければなりません。しかし、仕事上パソコンの画面を見続けなければならなかったり、スマホゲームが流行っていたりするため、生活習慣を急に変更するのは中々難しいものです。ここでは目に良いとされる食べ物を紹介するので、眼を休めるのは難しいという方は是非読んでみてください。眼に良い食べ物 抗酸化編ブルーベリーなどのアントシアニ...

加齢とともに身体の体力や筋力は落ちていきますが、それと同じく眼の筋肉も衰えていきます。そのため、老眼になるということは避けようがないことです。しかし、老眼の発症を遅らせたり、例え老眼になってしまったとしても進行を防いで症状を和らげることは不可能ではありません。その一つの方法として眼の筋肉をトレーニングすることがあります。老眼は個人差の大きな症状ですが、誰にでも起こることですので上手に付き合って行く...

老眼になってしまうとピントが上手く合わせられなくなり、近くのものに焦点を合わせることが難しくなります。すると、近くを見ながら作業する場合に、健常な眼の方よりも疲れてしまいがちになります。身体の疲労や凝りと同様、適切な処置を行うことで眼の疲労も改善させることができます。このような場合、疲労した筋肉の緊張をほぐして血行を促進することが大切です。そのために適切なマッサージやつぼ押しの方法を理解し、習得し...

老眼対策方法の一つとして、目薬を活用するという方法もあります。でもいろいろある目薬の中で「老眼に効く目薬」としてはどんなものを選べばいいのでしょうか?目薬に含まれる成分にはいくつかの種類がありますが、薬品として含まれる薬効成分や眼に栄養を直接与えるものなどがあり、その他ではドライアイの解消、爽快感や目覚ましを目的としたものもあります。老眼改善のためには前者の成分が必要ですから、その中でも特に新陳代...