今大問題になっている若い世代の老眼【スマホ老眼】とは?

スマホ老眼って?

まだまだ老眼には程遠いはずの20代から30代の若い世代でも、「夕方になると文字が見えにくくなる」「手元がぼやける」といったまるで老眼のような症状が起こるという現状が多発しています。

 

これはスマホなどの電子端末を朝・昼・夜と休み暇なく見続けることで目がずっと近くにピントを合わせ続けていることにより、目が常に緊張しているために起こるもので、「スマホ老眼」と呼ばれています。

 

また夕方になると物が見えにくくなるので「夕方老眼」と言ったり、週末になって目の疲れが溜まることで週末によりひどい症状が出てしまうことを「週末老眼」と呼んだだりもします。

 

 

まだ老眼世代ではないのに次のような症状が起きていたらスマホ老眼の可能性があります。

  • スマホなどの小さい文字が見えにくい時がある
  • 昼間よりも夕方の方が視力が落ちている気がする
  • スマホを見たとき焦点が合わない時がある
  • スマホを見た後遠くを見るとすぐにピントが合わないことがある
  • スマホを少し離して見てしまっている
  • 長時間スマホを見続けていると頭痛がすることがある

 

 

一般的な老眼は40代過ぎからですが、このスマホ老眼になるとは、それ以前の若い世代がでも、まるで老眼と同じように手元が見えにくくなってしまうのです。
眼科の受診者も急速に増えていると聞きます。

 

(スマホ老眼はパソコン、スマートフォン、タブレット、ゲーム機などの電子端末を長時間使用することで起こる「VDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル症候群」の一つです。
VDTは別名【IT眼病】とも呼ばれています。)

 

 

「え?もう老眼?」
「これってこのまま治らないの?」

 

40代過ぎの加齢による老眼ならまだあきらめもつきますが、20代、30代で老眼になってしまうなんて・・
このスマホ老眼は治るのでしょうか?それともこのまま治ることなく老眼になっていってしまうのでしょうか?

 

 

ここではスマホ老眼の原因、改善法、予防法などについてしっかり解説したいと思います。

 

スマホ老眼の原因

目の構造

スマホ老眼とは手元にあるスマートフォンの画面を休みなく長時間見続けることによって、ピントを調整する機能である毛様体筋に疲労が蓄積され、水晶体の厚みを調整できなくなり、一時的にピント調整機能が低下してしまっている現象です。

 

 

眼球は遠くを見る時と近くを見る時で水晶体の厚みを変えピントの調整をします。
この時に伸び縮みしているのが毛様体筋です。
続けて近くを長時間見ることで毛様体筋を酷使しすぎると、この近くを見る状態で固定されてしまい、遠くへのピントが合わなくなってしまうのです。

 

スマホ老眼はスマホや携帯ゲーム機などの手元で見る小さな画面を見続けることで起こりますが、パソコンなどの画面でも起こることがあります。
ただし、スマホなどの画面から起こることの方が圧倒的に多くなっています。

 

 

スマホ老眼の場合は加齢による老眼とは異なり基本的には一時的なもので、時間がたてば治ります。
ただ、まれにあまりに症状が悪化するとピントが戻らなくなることもあります。

 

そして悪化に伴い、さらなる眼精疲労、ドライアイなどもひどくなりますし、視力が落ちることもあります。
場合によっては肩こり、背中の痛み、手指のしびれなどの身体的疾患や、イライラや不安感などの精神的疾患にまで発展することもあります。

 

スマホ老眼と老眼の違いは?

目の構造

スマホ老眼と加齢による老眼の違いは、「近くが見えにくくなる」「ピントが合いにくくなる」という症状としてはほぼ同じです。

 

ですが、スマホ老眼は一時的な毛様体筋の緊張状態であるのに対し、加齢による老眼は毛様体筋の衰えが原因です。

 

ですのでスマホ老眼の場合はスマホを使う時間を短くするなどの対策を取れば回復し治ります

 

スマホ老眼の可能性があるなら本当にひどい状態になる前に生活の改善をしておくことが大切です。

 

 

スマホ老眼の改善法・予防法

 

スマホ老眼は一時的な毛様体筋の緊張から起こっています。
ですから目を休める、長時間続けてスマホを見ないようにするというというシンプルな方法で治すことが可能です。

 

スマホを見ない時間を作る

スマホを見ない時間を作る

全くスマホを見ないというのは現代社会ではとても無理ですが、

 

朝起きてスマホのチェック、通勤の電車の中でもスマホゲーム、仕事中はパソコン、休憩時間もスマホ、お風呂に入っても防水仕様のスマホ、テレビの合間でもスマホ、寝る前もスマホのチェックと、もしいつでも寝ている時間以外常にスマホをチェックしているような状態でしたら要注意です。
完全にスマホ老眼がどんどん悪化しています。

 

せめて休憩時間はできるだけ目を休める、電車でもスマホではなく外の景色を見る、お風呂では目をつぶって休ませるなどスマホを見ない時間を意識して作っていくようにしましょう。

 

スマホの設定を変える

文字設定を大きくする

スマホの文字を小さくしていると余計に目は疲れてしまいます。
「老眼じゃないし、小さい字でも読める」という方でも、あえて少し文字設定を大きくしてみるのもとても有効です。

 

また画面も明るすぎるのはよくありませんが、暗い画面はよりスマホ老眼を悪化させます。
バッテリーの持ちを良くするためにあえて暗い画面にしている方もいるようですが、画面はできれば明るめにしておくべきです。

 

ブルーライトカットアプリ

ブルーライトも目を疲れさせます。

普段眼鏡を使っている方はブルーライトカットのレンズにするとかなり目の疲れが変わります。

 

また最近ではブルーライトカットのアプリなどもあるのでそちらを導入してみるのもいいでしょう。
スマホそのものでブルーライトカットの設定ができるも機種もあるのでチェックしてみてください。
(※参照→ブルーライトカットアプリ

 

目のトレーニングなども取り入れよう

 

目のトレーニングもとても有効です。
こちらの記事で書いてある老眼トレーニングはスマホ老眼でも同様に効果的ですので是非試してみてください。

 

 

ツボ押し、マッサージなども目の疲れには即効性があります

 

眼精疲労に効果的なツボ押しやマッサージなどもとても有効です。
加齢による老眼を回復よりもスマホ老眼は効果もすぐに出ます。

 

 

ホットアイマスクなども活用しよう

 

めぐりズム

休憩時間や就寝前、また疲労がひどいなと感じる時にはホットアイマスクも活用してみましょう。

 

従来はホットタオルなどで目を温める方法が一般的でしたが、近年になって発売になった使い捨てのホットアイマスクはとても素晴らしい商品ですよね。

 

もっとも有名な使いすてホットアイマスクといえばめぐりズムです。
1枚100円くらいの価格になりますが、ホットタオルのようにすぐに冷えてしまうこともなく約10分、40度の優しい蒸気で目の疲れを取ってくれます。
香りもラベンダー、カモミールジンジャー、ゆず、ローズなどがあり、香りでも気持ちがリラックスします。

 

毎日ではなくても目の疲れがひどい日の就寝前だけでも使ってみると、翌日朝の目の疲れの回復度がきっと変わると思います。
とてもおすすめの商品です。
(※めぐりズム公式サイト→花王めぐりズム

 

 

目薬もまめに差すこと

サンテメディカル12

目薬をしっかり定期的に差すのも忘れないようにしましょう。
毛様体筋の疲れが軽減されます。

 

老眼対応の目薬が効果的ですが、若い世代の方でしたらその中でも特にサンテメディカル12がおすすめです。

 

スマホ老眼におすすめの目薬→老眼に効く目薬(サンテメディカル12へ)

 

 

以上のようにスマホを見る時間をできるだけ少なくする、目を休ませる、眼精疲労を取り除く、このようなケアをしていくだけでもスマホ老眼は治ります。
もしこれでも改善しないようでしたら、重度に進行しているか他の眼病が潜んでいる可能性もありますのでできるだけ早く眼科を受診することをおすすめします。

 

アイケアサプリもおすすめです

 

アイケアサプリ

当サイトで紹介している老眼予防のアイケアサプリの服用も眼精疲労やスマホ老眼にももちろんおすすめです。

スマホから出るブルーライトの影響もかなり受けていると思うので、アントシアニンにプラスしてルテインが入ったものがよりいいでしょう。

 

スマホ老眼は治ります!

 

悪化して視力が激落ちしないうちにしっかり対策をしていきましょう。

 

目は一生使うものです。ぜひしっかり守っていきましょう。