老眼改善・回復のための有効成分

老眼の一番の原因は加齢による眼の機能の低下です。
眼は脳と直結している重要な器官ですから、生まれてからの長い間、日々の生活で使われる度にダメージが蓄積されていきます。

 

また、紫外線をあびることによっても老眼の症状は進行していきます。

 

現代社会は情報機器に囲まれているため、眼に与える負担も大きくなってしまいがちです。
そこで、眼精疲労に効く成分などを摂取することで、老眼の予防対策、あるいは症状の緩和が期待できます。

 

完全に防ぐことは難しいですが、メンテナンスをしないとなんでも早く壊れてしまいますよね。

 

ここでは眼に良いとされている成分を紹介します。
老眼サプリを選ぶ際の重要なポイントになってきますので是非参考にしてみてください。

 

また一緒に眼に良い食べ物のページもご覧になってみてください
老眼予防のための食べ物

 

 

アントシアニン

ブルーベリー

眼に良い食べ物として最も有名なのはブルーベリーではないでしょうか。
ブルーベリーが眼に良いとされる根拠は、ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンの効果によるものです。
アントシアニンは紫色の色素であり、ブルーベリーが濃い紫色をしているのもアントシアニンが多く含まれているからなのです。

 

アントシアニンは老眼だけではなく、眼精疲労やかすみ目など、眼の症状全般に効くと言われています。

 

実は眼の網膜にもロドプシンと呼ばれる紫色の色素が含まれていて、ロドプシンに光が当たることで私たち人間は光を感知しています。
その際、光を浴びたロドプシンはビタミンAなどに分解されてしまいます。
分解されたロドプシンは、時間が経つと再合成して再び働き始めます。
しかし、疲労や栄養不足、あるいは加齢によって眼の機能が低下してくると、ロドプシンの再合成が間に合わず、「なんだか見えづらいな」「眼の調子が悪いな」と感じるようになります。

 

アントシアニンは、このロドプシンの再合成を促進する働きがあり、それによって機能が低下した視力の改善に効果的です。

 

アントシアニンによる機能改善効果は高い即効性があるとする研究結果もあります。
アントシアニンを摂取したその日の内に回復効果が見られると言われているため、朝にブルーベリーを摂るだけで簡単に改善が期待できます。
一方で、即効性が高いということは体内から排出されるのも早いということでおおよそ24時間以内にアントシアニンの効果は薄れていきます。

 

そのため、アントシアニンを含むサプリが多く売り出され、毎朝摂取しやすいような工夫がなされているのです。
また、アントシアニンは強力な抗酸化作用を持つことでも知られており、様々な健康の支えになっています

 

アントシアニンにはこの他にも素晴らしい働きがあります。
詳しくはこちらで解説しています→アントシアニンの効果・効能|アントシアニンを含む食品

 

目を守るカロテノイドの中の成分

 

アントシアニンは紫色の色素でしたが、他にもたくさんの色素が自然界に存在しています。
緑黄色系の色素として有名なのがカロテノイドです。

 

カロテノイドは中々聞きなれない成分かもしれませんが、β-カロテンをご存じの方は多いと思います。
にんじんなどに含まれている色素としてβ-カロテンがありますが、それらの仲間としてカロテノイドがあります。

 

他にも様々な動植物がこのカルテロイドを持っていて全部で600種類以上あると言われています。

 

カロテノイドは大きく分けると、アルコールに溶けるカロテン類とアルコールに溶けないキサントフィルに分けることができます。

 

 

カロテン類は先程も紹介したβ-カロテンや、トマトに多く含まれるリコピンなどが該当します。
これらの成分(色素)も健康に良いと有名ですよね。
β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるため、ロドプシンの合成に使われるなど、様々な効果があります。

 

キサントフィル類には赤いイクラなどに含まれる抗酸化作用のあるアスタキサンチンや、ほうれん草などに含まれるフコキサンチン(メタボなどに有効)、唐辛子などに含まれるカプサンチン(生活習慣病予防に効果的)、ミカンなどの柑橘系に含まれるβ−クリプトサンチン、

 

そして老眼予防、白内障や加齢性黄斑変性症などにも効果があると言われている目に大切な成分ルテイン・ゼアキサンチンなどもこのキサントフィル系のカロテロイドです。

 

紫外線やブルーライトから目を守るルテイン

ブルーライト

 

ルテインマリーゴールドの花弁や、緑黄色野菜に多く含まれる、黄色のカロテノイドですすが、人間の体内にも存在し、黄斑部という網膜の中心部に多く含まれています。
ルテインは別名、「目のサングラス」とも呼ばれており、紫外線やブルーライトなどの有害な光から水晶体を守ったり、網膜にある黄斑を活性酸素の攻撃から防いで、ダメージによる機能の低下を抑える効果があります。
老眼だけでなく加齢性黄斑変性症や白内障などの病気に対しても予防となる成分です。

 

老眼回復のサプリメントの有効成分としてはアントシアニンと合わせて摂取したい重要な成分です。

 

ルテインについてもこちらでさらに詳しく解説しています→ルテインの効果・効能と働き|アントシアニンとの違いなど

 

ルテインと一緒に摂りたいゼアキサンチン

ゼアキサンチンは、パプリカや卵黄、ほうれん草などに多く含まれているカロテノイドです。
そして水晶体の中でルテインと一緒に存在し、同様に目を守っています。
このゼアキサンチンとルテインは元々は同じ分子式で、ルテインが必要な分だけゼアキサンチンに変化します。
ルテイン5に対してゼアキサンチンが1というのが黄金の比率だと言われており、目のサプリでもこの比率で2つが配合されているものが多くなっています。

 

ゼアキサンチンについてはこちらで詳しく解説しています→ゼアキサンチンとは?その効果って?ルテインと何が違うの?

 

抗酸化作用のあるアスタキサンチン

アスタキサンチン

抗酸化作用のあるアスタキサンチンもキサントフィル類のカロテロイドです。
アスタキサンチンは赤色の色素であり、赤い魚介類に多く含まれています。例えば、カニやエビ、鮭や鯛などがあげられます。

 

鮭は白身魚に分類されるのに、アスタキサンチンを多く含むことから身体が赤い色をしているというのも、知っていると自慢できるうんちくですね。

 

(鮭は川の上流で生まれてから、広い海に出て大きく成長します。その後、産卵のために急な川を上っていくという過酷な一生を送ります。
アスタキサンチンも抗酸化作用を持っていて、鮭の力強い川上りをサポートしています。
さらに、紫外線から身を守る効果もあるため、卵にアスタキサンチンを受け継ぐことで成長するまで無防備である卵を紫外線から守っています。
そのためにイクラは綺麗な赤色をしているのですね。)

 

アスタキサンチンはとても強力な抗酸化作用の成分でその抗酸化力はビタミンEの約1000倍だとも言われています。
眼精疲労などにとても効果のある成分です。

 

アスタキサンチンを配合している老眼サプリメントもおすすめです。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHA

他には青魚などに多く含まれ、脳の栄養素とも言われているDHAも老眼に効果的です。

 

網膜にはDHAと同様の成分が多く含まれているのですが、DHAを日本人が摂取する量は年々減少しているのではないでしょうか。
魚が嫌いなお子さんはいませんか?
DHAが不足していると様々な視力障害を引き起こすことを示す研究も行われていますが、DHAは網膜細胞だけでなく、身体の至るところで健康に貢献しています。
特に「血液をサラサラにする」という効果が有名であり、血栓をつくらなくすることで脳梗塞などの血液の病気の予防効果があるとされています。
網膜や脳も、非常に血液の絡み合った複雑な構造をしていますから、DHAなどの成分を取って健康を維持したいですね。

 

眼というのは心臓や脳とならんで常に活動している大事な器官です。眼に有効な成分を摂取して、現代の情報化社会でも眼を大切に過ごしていきましょう。