老眼ってレーシックで治るの?

老眼レーシックとは

老眼という症状にはいくつかの治療法があります。

眼鏡による老眼の緩和が一般的ですが、最新の治療法ではレーシック手術という治療法もあります。

 

近年は安全であるという保証も高くなっており、レーシック手術によって眼鏡をいくつも併用する必要がなくなるため、レーシックを行う方が年々増えているように思います。

 

ここではレーシック手術とはどういったものなのか、またレーシックで老眼も治るのかなどを解説したいと思います。

 

レーシックは、英語でLASIKと表記され、レーザー照射を眼球に(取り外すことなく)施して角膜を彫り整える、という意味の略語になっています。

 

一言で言えばレーザーによって角膜を矯正する治療法ですが、これだけ聞くとなんだか怖いと感じて身構えてしまう方も多いかもしれません。
しかし実際にはいくつかの種類があり、危険性の低いものや値段のかからないものなど求める目の状態によっても様々な手術の方法があります。

 

 

 

レーシック手術の種類

 

レーシックにはたくさんの種類がありますが、どのような症状に対して治療を行うのか、どのような方法で手術を行うのかで分類することができます。
一般的に老眼が始まる前の近視レーシックが一般的ですが、老眼を対象にした手元の視力を重視するという方は遠視レーシック、遠近どちらにも対応できるモノビジョンレーシックなどの治療があります。

 

 

モノビジョンレーシックは片目ずつのピントを遠視と近視に調整することで、遠近どちらのピントも合わせやすくできますが、一方で慣れるまではピントが合わないという欠点があります。
遠視レーシックを行う場合は遠視が緩和されますが、近視向けの眼鏡を使う必要があります。
その点、モノビジョンレーシック手術を行うと眼鏡が要らなくなることが評価されています。

 

遠視(老眼)だけを治療したいという人はまれだと思いますので、やはりせっかくレーシックを行うならモノビジョンレーシックをという方が多いでしょう。

 

レーシックの手術方法は?

老眼レーシック

一般的なレーシック手術では電気メスを用いて角膜を削っていきます。
そのため、角膜が薄い方や極度に症状が大きい方は手術の負担や危険性が大きく、レーシック手術を行うことができません。
場合によってはドライアイやハロー現象と呼ばれる合併症が起こる可能性もあります。
ハロー現象とは光の回りに輪のようなものが映ってしまう現象です。
一方で、医療技術の発展によって最先端の機器や技術を用いた新しいレーシックの手法も開発されています。

 

イントラレーシックではコンピュータによって精密に計算された通りにレーザーで角膜を削るため、矯正や調整の精度はかなり高いものになっています。
時間はかかりますが、角膜が薄い方や極度の近視の方でも行うことができます。
また、Zレーシックと呼ばれる、イントラレーシックの改良法もあります。
最新型のFSレーザー機器を用いたレーシック手術で、イントラレーシックと同様の手段で治療を行いますが、ビームの照射量が少なく、細胞へのダメージが少ないとされています。
他にも、アイレーシックやエピレーシックと言った様々な手法が提案されています。
これらは海外で開発された新製品を用いていたり、費用が異なっていたりなど、細かな違いがあります。

 

 

老眼レーシックの費用の目安は?

 

老眼を治療できるレーシック施術の費用は各医院によって差はありますが、近眼老眼の両方を一度に改善できるモノビジョンレーシックは片目でおおよそ25万から30万からが主流です。
通常の近視レーシックの場合が15万〜20万くらいなので、たいたい1.5倍くらいの費用と考えておくといいでしょう。

 

また手術にかかる期間ですが老眼レーシックも近視レーシックと同様に入院などの必要はなく、手術した当日に帰ることができます。
手術時間も20分程度です。

 

その後何度か検診に行く必要がありますが、手術にかかる日数としては1日だけです。

 

レーシックを受ける際は慎重に・・・

 

レーシックは老眼の最新治療法ではあるものの、老眼を治すのではなく、あくまでも対処療法になります。
そもそも老眼というのは水晶体が硬くなったり、網膜の機能が低下することで発症しているので、屈折率を変えて見えやすくなっても治ったわけではないのです。
そのため視力が低下したり、老眼が進行すると再度手術をしなくてはいけません。

 

 

老眼鏡がいらなくなるというのは大きなメリットですが、違和感や眼精疲労が起こることもありますし、成功率も100%ではありません。
以前に比べると少なくなりましたが失例もあります。

 

ですので、レーシックを受ける場合は口コミ等も参考に信頼できる医院で、デメリットの説明もしっかり聞いて、十分に検討するようにしましょう。